4月16日(土)ドラマ教育で「ダイバーシティを考える その1」

私たちは誰とともにいきるのか
日本人はみな同質なのか

bc76e0453907c8658f9f0a754aea2584_s

私たちは誰とともにいきるのか
日本人はみな同質なのか

****************************************************

4月は16日と24日にゲストを迎えて「ダイバーシティ」をテーマに行います。
16日(土)は桐朋学園芸術短期大学演劇専攻非常勤講師の飛田先生とのコラボです。
24日(日)はイギリスよりアレン・オーエンズ教授が来日します。
連続でも単独でもご参加できます。

第1回目の16日(土)は
ワークショップを楽しみたい方も、ワークショップを指導されている方もこれから指導したいと思っている方も学ぶことができる理論と実践を行います。

前半はアレン・オーエンズ教授の後輩でもある飛田先生よりイギリスのアプライドドラマ(応用演劇)の事例や、子供たちがダイバーシティをどうとらえているのか。
そしてあまり知る機会の少ないドラマ教育の理論、ドラマ教育を使ったワークショップ指導方法についての質疑応答などをしていただきます。

後半はダイバーシティをテーマにアプライド・ドラマを実施に体験し、振り返りと解説をしていきます。

****************************************************

ダイバーシティというと、年齢、国籍など、外見でわかる属性を思い浮かべる方も多くいらしゃるのではないでしょうか。
外見でわかる属性でいうと日本は移民を多く受け入れている他国にくらべるとダイバーシティは進んでいないかもしれません。

でも表面的には見えない個々人の生い立ち、価値観、性格などの異なった背景や状況をも含むすべての人々を示すものが本来のダイバーシティなのです。
日本に住むあなたの周りにもダイバーシティがあふれています。

日 時 : 2016年4月16日(土) 13時30分~16時30h分(受付15分前より)
場 所 : 東京都中央区 築地駅近く(参加者へ直接連絡)
料 金 : 3,000円(25歳以下2000円)
お申込みはこちら

 

 hida  photo_gallery03
講師   飛田勘文
桐朋学園芸術短期大学演劇専攻非常勤講師
イギリスウォーリック大学博士課程
演劇教育
 コース修了
ファシリテーター
多田美紀
ASLa代表


みなさまのご参加をお待ちしております。

【スペシャルワークショップ2016】
4月24日(日) スペシャルWS 「ダイバーシティを考える その2」

講師 アレン・オーエンズ教授 イギリスチェスター大学
ナオミ・グリーン ドラマプラクティショナー

お知らせ

News & Press Release

一覧はこちら

最新イベント

New Event

一覧はこちら
facebook 更新情報

Facebook

最新の情報を配信!

facebookページへGO!