トゥモローキッズスクール 活動報告!

「よし、動こう!」子供自身から決断し、行動に移していく。
表現はやらされるものではなく、想像から生み出され楽しいという感情が身体を動かし行動に繋がるのだと、子供たちと時間を共有することで改めて実感した一日。

1月15日トゥモローキッズスクールで子供たちと一緒に「スノー坊や」のストーリーをつくりあげてきました。
トゥモローキッズスクールは子供たちが安心して過ごせるようにと只友大介さんがたちあげた学習塾機能のついたアフタースクールです。そこに通っている小学校1、2年生5人と一緒にストーリー作りです。

自分の思いを身体いっぱいに表現する姿は、人の意見に耳を傾け、自分の感情を押し込めず正しく主張し行動につなげることのできる大人になるためにも失ってほしくない能力です。
大人になればなるほど閉じ込めてしまいがちな感情を小さいうちからしっかりと表現する場を持ち続けることが大切です。

(感想)

トゥモローキッズスクール 代表 只友大介さんより

アプライド・ストーリー・ラボ『ASLa』の多田美紀さんに来ていただき、子ども達にアプライドストーリーのファシリテーターをやっていただきました(^^♪ 子ども達は多田さんの素敵な笑顔に初めから引き込まれ、終始楽しそうにしていました。

指示をされて演技をするのではなく、…台本もなにもなく、多田さんに導かれて最後まで演技をすることができました。最後には、雪だるまを演じていた子ども達から「よし!動こう!」という言葉が自然と発せられていました。自分たちで考えて、行動した瞬間でした(^^♪

子ども達の日記に「動けたときに嬉しかった」と異口同音に書いてあったので、自分の気持ちを大事にすることの大切さを学べたのではないかと嬉しく思いました。子ども達が楽しそうだったので、1時間の間にシャッターを100回も切ってしまいました(*^^)v

多田さん、今日は本当にありがとうございました(^^)/

DSC09471 DSC09524 (2) DSC09464 (2) DSC09484

お知らせ

News & Press Release

一覧はこちら

最新イベント

New Event

一覧はこちら
facebook 更新情報

Facebook

最新の情報を配信!

facebookページへGO!